電撃通販 ヴァイスリッター


電撃通販のスパロボOGフルアクションフィギュア、ヴァイスリッターです。それでは以下ボチボチと。
前面。えー、肩がちょっとなよっとしてます。うちのうっかりです。すいません。とりあえずこの配色が目を引きますね。プロポーションもがっしりしてて好印象。
後ろ側。スタビライザーのおかげでフレームに収めにくいょ。腰の辺りがゲシュペンストっぽいですね。
先に出ていた縮小版と並べてみる。驚くぐらいギミックや可動の劣化が抑えられていたんだなと、改めて驚きました。流石にいくつかオミットされてる部分もありますが。と言うか、並べて初めて縮小版の前腕回る事に気づいた。付属品もほぼ同じ。
頭部周り。この辺がやはり一番縮小版との差を感じますね。首の可動ですが、上下にはかなり狭いですね。回転は可能ですが、何かと干渉しやすいデザインなので、自由度はやや低め。
肩の甲冑風の3枚重ねの装甲ですが、これは3つとも独立して可動。右と左で見比べ下さい。また、肩の接続はボールジョイントなので、ここでも角度をつけられます。
肘はクリックもない普通の関節で、90度ほど可動。ただし、前腕との接続がボールジョイントで、結構グリグリ動きます。前腕のみの回転も可能です。
こーゆうポーズも難なく決まる。
腰部。フロントアーマーはボールジョイント接続。ただしデザイン的な制約で実質ほとんど動きません。サイドは基部で回転可能。また、ヒンジで上下に可動します。
膝にはクリックあり。しかし、これまたデザイン的問題か、ほとんど曲がりません。写真の位置で限界です。今回、他の可動が小気味良いので、ちょっと残念な所。
スネの装甲は別パーツで可動します。足首も、ボールジョイントの受けがかなり広くなっているので、相当柔軟に動きます。
これぐらい脚を開いても余裕の接地。と言うか、脚を開ける限界までいってます。
背中のウイングは4枚とも可動。どうもGXを髣髴とさせる……。動かしてもそんなに似合ってない気がするので、うちはあまり動かしてません。
オマケの手首パーツとして、表情のついた平手が付属。左右分あります。武器が右手に集中しているため、右の平手はあまり使えませんね。
プラズマカッター。右手首と一体になってます。刀身はクリアではありません。
左手は添えるだけ。なんか自然にこういうポーズが出来るのもちょっと新鮮です。
ちなみに、ビーム部は外せます。
オクスタンライフル。オクスタンは槍って意味なんですよ。勉強になりましたね。これも右手首と一体。
左手も添えて構えてるんだけど、ちょっとわかりにくいかな。
戦闘デモ風味に。手首の角度はこの姿勢を元につけられているのかも知れない。
付属スタンドで浮かせてみた。このスタンド、専用だけあってピッタリなのは良いんですが、角度つけられないので、ブキヤベースの方が良いかも。あっちはあっちで、ちょっと保持が弱いんですけどね。
FAFアルトは持ってないので、ブキヤアルトと並べて終了。と言うか、もう少し色塗らないとみっともないなあ……特に腰。ま、若さとは振り向かない事なので。ぎゃ〜ば(略)。



電撃ホビーマガジン誌上限定通販中略、ヴァイスリッターでした。
おおまかな仕様が先行の縮小版と被ってるので(当たり前ですが)
新鮮味はあまりありませんが、やはり大きいとカッコ良さが違います。
出来としても、文字通り完全版と言った感じで、期待通りです。
可動もなかなか、アクションフィギュアとして良い線なので
まあまあ満足です。それでもやっぱり高いとは思いますけどね〜(8500円)
で、あんまり関係ない話ですけど、なんでPTってカカトが浅いんでしょうね。
ちょっとした事で後ろにひっくり返ってしまって困ります。
いや、このヴァイスはそんなに酷いって事は無いんですが
アルト横に並べるだけで結構苦労したもので……。
さぁて、次はスレードですね。これはもう超楽しみです。
早くダイゼンガーに「武器ならここにある!」をやりたいなー。
じゃ、またその時に。



back