2008年8月5日

バンダイコレクターズ事業部
新ブランドプレミアム発表会





行って来ました新ブランド発表会。
バンダイはコレクター事業部が送る新しいロボット玩具の
新ブランド、その名は「ロボット魂」!!!















ダセぇええええええええええええええ!!!!







まあ、それはともかく、ロボット魂シリーズの説明を
公式より


■■■■ ROBOT魂とは ■■■■
バンダイによるハイターゲット向けロボットフィギュアの歴史が幕をあけてから約10年。
積み重ねられてきた技術の結晶として生み出される新ブランドがこの「ROBOT魂」です。
12cmというコレクタブルなサイズに、最新3D設計と職人の技術を複合したロボット造形の妙と、
硬・滑・柔の素材を複合したフィギュアの手触り感の妙とが詰め込まれており、
従来のロボットフィギュアではありえなかった完成度がついに実現されます。


と言う事です。まあ、要するにIN ACTIONシリーズの
新フォーマットと思っておけば問題ないかと。


  
   

パッケージと売り場イメージ。
IAOとほぼ同じですね。しかし、やっぱロボット魂ってロゴ
なんか違和感ある〜・・・。

パッケージには通し番号が付くのと、MSだったら
SIDE MSと表記が入るみたいです。KMFだったら
SIDE KMFとかになるんでしょうね。


シリーズ第一弾は新作アニメ「ガンダムダブルオー セカンドシーズン」主役機の
ダブルオーガンダム。散々GNフラッグが第一弾と思わせておいて
やっぱりダブルオーなんかい!と、小さいツッコミはさておき
テストショットを触らせて貰ったので軽く紹介します。



       

かなり初期のテストショットらしく、
勘合や強度などかなりいい加減だったので、その辺はあまり触れないでおきます。

可動範囲について、足首がHGとほぼ同じ構造らしく、かなり大きく股を開いても接地可能でした。
腹部、胸部も可動範囲が広かったです。
ただ、肘や膝はデザインの兼ね合いもあると思いますが
従来のMIAの方がよく曲がるぐらいでした。

可動については、別段衝撃を感じるほどの事は無かったです。
重量感や触っている感じはIAOに近い感じですね。
背中に謎の穴があるのがちょっと気になる。

続いて、彩色された見本サンプル群です。



     
 


【ダブルオーガンダム】
商品名:  ROBOT魂〈SIDE MS〉
0001 ダブルオーガンダム
価格: 2,625円(税込み)
発売日: 2008年10月下旬発売予定
セット内容: ・GNソードU×2
・GNシールド
・GNビームサーベル
・交換用手首
■約12cmの彩色済み完成品
■複数の素材を組み合わせたハイブリッドモデル、
 上半身の外装部、武器を中心に硬質プラABSを使用し、シャープな造形を再現。
   腕脚に軟質素材PVCを多用することで重量感とアクション性を確保。
 関節部には耐摩耗性にすぐれた素材POMを使用。
■GNソードUは、ソード形態・ライフル形態を再現可能。
■腕・脚レンズ部にはクリアパーツを使用。


やー、ぶっちゃけカッコイイっすねぇ。
エッジもシャープだし、プロポーションも良い。
製品版での塗装がどうなるかは分かりませんが、大体このまま
出てくれるなら十分満足できそうです。



     



【ケルディムガンダム】
商品名:  ROBOT魂〈SIDE MS〉
0004 ケルディムガンダム
価格: 2,940円(税込み)
発売日: 2008年11月下旬発売予定
セット内容: ・GNスナイパーライフルU
・GNビームピストルU×2
・交換用手首
■約12cmの彩色済み完成品
■複数の素材を組み合わせたハイブリッドモデル、
 肩、腰、ヒザの装甲部に硬質プラABSを使用し、シャープな造形と手触りを再現。
 腕脚に軟質素材PVCを多用することで重量感とアクション性を確保。
 関節部には耐摩耗性にすぐれた素材POMを使用。
■GNスナイパーライフルUの変形を再現。
■その他劇中ギミックを再現。


ケルディムもかなりかっちりしてるんで、印象は良いですが
ライフルが糞なげーのが気になります。設定でもこんな長さなんでしょうか。
今度はちゃんとピストル付くんですね。



       



【アリオスガンダム】
商品名:  ROBOT魂〈SIDE MS〉
0002 アリオスガンダム
価格: 2,625円(税込み)
発売日: 2008年10月下旬発売予定
セット内容: ・GNツインビームライフル
・GNビームサーベル
・交換用手首
■約12cmの彩色済み完成品
■変形機構を差し替え無しで再現。
■複数の素材を組み合わせたハイブリッドモデル、
 変形機構の安定性および翼部造形再現の為、よりABS比率を高めたハードモデル。
 腕脚等に軟質素材PVCを使用。
 関節部には耐摩耗性にすぐれた素材POMを使用。
■腕レンズ部にはクリアパーツを使用。


アリオスはちゃんと変形するみたいです。 模型誌で見た時は馬面だし、翼分厚いしなんじゃこりゃ!と
思いましたが、さっくりかっちり直しちゃったみたいで安心しました。
変形した状態が早く見たいですね。







セラヴィーはまだちゃんとした商品情報がないみたいです。
しかし、カッチリしてる分情報量の薄さが目立ちますね。
この肩とか足とか、何とかならんもんかな。
脱げそうには見えないですけど、ナドレ的な何かは無いんでしょうかね。



     



【グラハム専用ユニオンフラッグカスタムU(GNフラッグ)】
商品名:  ROBOT魂〈SIDE MS〉
0003 グラハム専用ユニオンフラッグカスタムU(GNフラッグ)
価格: 2,310円(税込み)
発売日: 2008年11月下旬発売予定
セット内容: ・ビームサーベル
・交換用手首
■約12cmの彩色済み完成品
■複数の素材を組み合わせたハイブリッドモデル、
 ABSとPVC「硬」「柔」の組み合わせによって腕部、脚部を構成し、
 細身のボディを、堅牢且つしなやかに再現。
関節部には耐摩耗性にすぐれた素材POMを使用。
■GNドライブは肩と腰の2ポジションに取り付け可能。


雑誌だと結構もっさりして見えたんですが
黒色の効果なのか、締まって見えて格好良いですね。
マスクが展開してる顔も付いてればなお良し。無いんかな?



       
               


ロボたまのキーワードだそうです。
素材に関しては、別に今までだってABS使ってたし、関節はPOMだったし
変わらないんですよね。使う場所を選ぶ様になったってだけで。
ベリだの放電だのはどんなフィギュアでも同じだからこれも今更。

注目すべきは製法の方で、今後はCADで設計し、試作まで行った所で
原型師に寄る調整を入れる方式になるみたいです。
現在までの試作品を見るに、シャープさとカッコ良さが両立されていて
成功している試みだと思います。いいぞもっとやれ。





ここからギアス。て言うか一枚目から凄い事にw


     
 


ガウェイン。多分前回と同じサンプル。
いやーすげーデカイしピカピカだし、シャープかつ凶悪な面構えで
最高ですね。後はこのまんま出してくれれば言う事無し。
未だ価格未定ですが・・・うーん、5,000円台ぐらいで収まるかなぁ?



   
   


ガウェインの後継機?の蜃気楼も展示されていました。 現時点では参考出品となっていました。
腕部など、武器の展開ギミックが仕込まれていそうです。
流石に全身の変形は無さそうですが・・・果たして・・・。
せめてゼロビーム(笑)ぐらいは再現して欲しいですね。



     


紅蓮可翔式。でけぇ!かっけぇ!で凄いボリュームでした。
こちらは発売決定しているみたいですね。
しかし、紅蓮二式とちゃんとサイズとか合ってるのだろうか・・・( ´Д`)



     


斬月!斬月キタ!これで勝つる!!

やはり、いけるな、この斬月ならっ


一応参考出品ですが、ほぼ確実に出るでしょう。
斬月は特に好きな機体なのですげー嬉しいのですが、
イメージよりちょっと上半身がボリューム不足の様な・・・?
あの凶悪な敵のボスみたいな迫力が好きなので、もうちょっと厳つく
して欲しいなーと思います。

髪の毛の素材は何になるんでしょう。ちゃんと保持出来るかしら?
あと、翼が付いてませんが、製品には付くんでしょうかね。
個人的には別に無くても良いんですけど、実際付いてる紅蓮も出るわけだし
どうせなら付けといて欲しいですね。500円ぐらい値段変わって来そうだけど;
それから微調整で出せそうな月下、暁も是非に・・・ああ、欲望が止まらん。



       

     


その他の新作、VF-25、ニルヴァーシュ、ターンエックス。
全て参考出展でした、が、ターンエックス以外は確定でしょう。
VF-25は変形しない(だろう)のがネックですが、がしがし遊べる
スーパー、アーマードパック付きが出るなら楽しそうです。
エウレカはジ・エンド、デビルフィッシュ辺りが欲しい・・・。

ターンエックスは結構太ましい感じですが、これはこれでカッコイイかも。
出来の良いターンAも出てくるかなー。
この辺のラインナップって、やっぱりスパロボ意識?だとしたらX来るよねX!
あと、出来の良いデスティニーもお願いしますマジ。




さて、展示品の紹介は以上ですが、最後に色々な発表内容や
質問した事をつらつらと箇条書いてみます。


・社長がOFFSHOOTをオフショットと言ってた。
・「ロボット魂」の由来はカトキハジメ氏からの影響。
 氏曰く「ロボット魂が無い人とは話したくないですよ。もっとロボットを勉強して下さい!」
 を受けて、ロボット魂を勉強しましたよ!→これがそうだ!と言う事で、ロボット魂。
・ロボット魂シリーズは作品全体をカバーするラインナップで展開する。
 特に量産機には力を入れる。
・各作品ごとにスケール比を大事にしていく。
・今期中に(2009年3月までに)20アイテム予定している。
・海老川氏「ダブルオー第一期の4ガンダム作り直しませんか?(笑)」
・柳瀬氏「第二期のガンダムには色々隠しギミックがあります。早く言いたい(笑)」
・ユニコーンガンダムは出す。ただし変形させるかは未定。
 遊び易さを優先したいので、ギミックを入れる事で無理が出るなら変形させない。
・MIA、OFFSHOOTはロボ魂に統合されるのか?
 →基本的に今後の新商品はロボ魂になる。ただし同系機種などは
  あえて従来のシリーズ名義で出す可能性もある。
・実際にダブルオー第1期の機体をやり直す可能性は?
 →検討の範囲にはある。ダブルオー第2期の量産機もガンガン出すので
  第1期の機体も・・・?
・ギアスはアニメ終了後もラインナップされるのか?
 →予定はしている。
・サザーランドベースの量産機は他にも出るのか?
 →出る〜〜〜んじゃないかな。まだ決まってはいない。
・ナイトオブラウンズ(ランスロット以外)の機体は出る?
 →今の所予定は無いが、アニメの活躍を見ると出したい気持ちはある。
・ゲームの機体(ランスロットクラブ)は出ないのか?
 →予定は無いが、希望する声が多い事は認識している。人気次第かも。



そんな感じですかね。
予定ラインナップも妥当な00やギアスから
まさかのエウレカ、ターンエックスなど、意外性もあるし
出来に関しても、少なくとも最近のMIAよりは大分良くなりそうです。
素直に期待しても良いんじゃないかなと思います。

にしても、実質MIA消滅フラグですよねぇ〜〜〜。
うーん、どうしよう。うちミアソラだもんなぁ・・・。
ロボソラになるの・・・?ヤだなぁ、それ。

まあ、ドリームキャストマガジンもドリマガになって生き延びたし
別に固有名詞って事で良いかなぁ・・・。






back






オマケ。
おみやげに超デカイおせんべい貰いました。
食べるのに2時間かかった・・・結構ウマかったよ(・Д・)